Spring Greens
- いろいろな積み木 -


レンガ積み木以外の我が家の積み木たちです。
基尺もバラバラで、無節操に集めた感もありますが、どの積み木もそれなりに良く遊びます。

寄木の積み木 私の思い入れが一番強い、オークヴィレッジの寄木の積み木です。
SpringGreens TOPページのタイトルのバックにも使っています。
関連の日記へ

3cm基尺の積み木(2色使い) & かずの積み木

お義姉さんのお宅から回ってきたお下がりです。
メーカーなどはわかりません(^^;)
3cm基尺の方は、小さくて軽いのでちびミ(当時9ヶ月)も扱いやすいようです。二つ持たせてやると、カンカンとたたき合わせて遊んでいます。
かずの方は、並べて長さを合わせたりして、ちょっとしたお勉強にもなります。(自己流なのですが、、、^^;いいんかしらん?)いっとくは、長い棒を太鼓の撥にしたり、電車にしたりして遊んでいます。
↓似たような積み木を探してみました。
(くもん製 かずつみき 詳細は画像をクリック)
かずつみき
画像は、お父さんと一緒に作った街だそうです。近未来系かな?

製作中の姿です。
かずの積み木は、2cm基尺ですが、子供にとって基尺はあまり関係ないようです。

コレは何でしょう?
答えはキリンです。
首長すぎやんか!!!
そのとーり(^^)

名づけて「キリンの首長すぎ!」ゲーム(勝手に作って勝手に命名)
我が家で最近開発したゲームです。どうやって遊ぶかと言うと、いわゆるオーソドックスなバランスゲームです。
他の積み木(ここでは寄木の積み木を使っています。)でボディを作って、キリンの首の部分は順番にかずの積み木を積んでいきます。崩れたら負けです。数の大きな積み木を使うと相手にプレッシャーを与えられますが、自分も崩す可能性があり、結構ハラハラします。数の小さい積み木を使うと、その時点では大丈夫ですが、後々バランスが難しくなります。
このゲームのポイント(?)は頭にしている2の積み木ですね〜。この頭をどかして首の積み木をおいた後、また頭を積んでから、次の人にバトンタッチするんですが、コレを触ってるときに崩れると悔しいです〜!(><)でも、頭と言うシュチュエーションがあるので、ついつい、ちょっとずらして置いちゃうんですよね(^^ゞバランス崩れるっちゅうの!
ドッツと数字が書いているので、数と長さや質量(大きいと重い)の感覚を養えるゲームだと自負しております。(偉そうに書いてるけど、ギャーギャー言って遊んでるだけです^^;)

寄木の積み木と組み合わせて、階段状の玉ころがしを作りました。
大きい木のビーズを転がすと、木琴ほどではありませんが、綺麗な音がします。

2色使いの積み木と寄木の積み木を組み合わせて、こんな高いタワーも作れます。2色使いだと、こういう建造物は綺麗ですね〜♪

アルビスブラン社 50ピース
Aつみき(小) 積み木の詳細は左の画像をクリック
ニキティキが取り扱っているアルビスブラン社の積み木です。基尺は4cmで、かえでとブナの2種類の木材を使っているため、自然な風合いの2色使いになっています。画像で見るほどの色の差はないのですが、箱に収めた状態は非常に美しいです♪
箱に収めるための積み木の配置が、蓋の裏に書いています。お片づけはもっぱら私で、だんだんと手馴れてスピードが上がってきました。今度タイムでも計ってみようかな?(^^;)出来上がりが綺麗なので、ついつい配色も気を配って片付けちゃいます。子供が一人で片付けるようになれば、頭の体操になりそうですね。

結構大きなパーツがあって、ダイナミックな建造物が作れます。当時7ヶ月のちびミと比べてみてください。大きいでしょ?

教会をイメージして作ってみました。
アルビスブランの積み木は、とってもヨーロッパを感じさせられます。
こういう建造物は、本当に綺麗に作れますし、そのためのパーツ達のようにも思えます。

3cm基尺の小さな積み木
ご近所にお住まいのMさんからの頂き物です。
保育園のバザー用に不用品をいただきに訪問したところ、「名前を書いているからこれはいっとくくんに」といただきました。ムチャクチャ嬉しかったです。帰宅後、速攻で遊びました。
手前に一列に並べているのは、三角の積み木です。いただいてすぐにいっとくが名前を書いているのを見つけて、「これ、なんて書いてるの?」と言ったので、「Dくんのお名前だよ。Dくんからもらったから大事に使おうね」と言ったところ、「Dくんの、Dくんの、Dくんの・・・」とこんな風に並べていました。

ワールドファミリー(ニチガンオリジナル製) ABCブロック
一応、積み木の仲間ってことで、登場させてみました。
これも良く遊びます。
詳細は関連の日記へ


玩具で遊ぼう へ戻る