Spring Greens
- Let's play with Blocks -


<トンネル作った&けいてぃーみたい> 2004/5/17

トンネルです。

tonnel1

単にトンネルなんですが、こういう風に大きくて自分がくぐれると、子供って喜びますよね〜。今は亡き(笑)ダンボールハウスも凄く喜んでましたが、これも「いっとくが通れるくらいの大きいトンネル作ろうか〜」というと、大喜びでした。

で、作って早速くぐってみたのが上の画像です。一番長い積み木が4倍体(32cm)なので、いっとくが何とか通れるくらいだったのですが、無事に崩さず通ることが出来ました。

それを見ていたちびミ、、、黙っているわけがありません。私も〜!!!と、意気揚々とトンネルをくぐり始めました。。。結果

tonnel2

あっという間に瓦礫の山、、、頭から積み木をかぶったちびミは、もちろん大泣きです。(笑)

もうひとつ、別の日にやった遊びをご紹介します。

小さな大工さんからレンガ積み木を買ったときに、一緒にダボ(木と木の接続に使う、小さな木の棒)もいただきました。普段は、粉ミルクの小缶に入れていて、おままごとなんかに使っているのですが、ちびミがよくバラバラにばら撒きます。(−−;)

で、先日単に片付けるのもなんなので、遊びながら片付けようと思い、いっとくにオモチャのブルドーザーを使って片付けようと提案してみました。

ブルドーザーはよくあるタイプのオモチャで、押すとぎゅーんんんと走っていきます。アーム部分の関節がちゃんと曲がるので、地面にアームを着けたままダボの転がっている床を走らせました。

bul1

ダボが数本引っかかるので、それを入れたままアームを持ち上げて、ダボが落ちないようにして、今度は粉ミルク缶(私がいるところ)に向ってブルドーザーを走らせます。

bul2

で、ミルク缶に私が戻す、、、とんでもなく手間のかかる片付けでしたが、いっとくは「けいてぃーみたいだね」と喜んでいました。けいてぃーは、お気に入りの絵本のページで紹介している「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」の事です。


レンガ積木とスロープ へ戻る  次へ