Spring Greens
- (続)理想の英語化計画 -
「学びの段階における英語の伸ばし方」




★番外編:息子と娘の英語育児のお金と時間のかけかた


兄弟姉妹がいると、本当に教育費がかさみます。それは、お稽古事をしていたり、私立小学校にいれたりすると、より実感します。英語はお稽古事の中でももっともお金がかかる(かけようと思えばいくらでもかけられる)部類ではないでしょうか。ピアノに月10万というのは聞いたことがなくても、プリに行かせたり、プライベートをたくさんとり、サマースクールに入れ、それプラスDWEなどの高額教材を購入していれば、月に数万以上は軽く飛んでしまうのではないでしょうか?

ただ普通の家庭では、英語だけにお金もかけられず、また、兄弟姉妹がいると、現実的に経済的限界が見えてくることと思います。

我が家でも、できるだけ平等に、との思いから娘に英語環境を与えてきましたが、2年半たち、なんとなく、お金のかけ方のコツが我が家なりにわかってきました。

娘にかけるお金:子供用教材(これが一番高い、、、、が、基本なので、ケチらない)、web lesson(格安ですが、質は最高でなくても、英語に間違いがなくて、やさしい先生ならOK、英語モードやアウトプットの場を与えるために)、名作絵本。ワークなどは余力があればやらせてもいいが、小さいうちは不要かも。その分、大きくなってからの分にまわす。

息子にかけるお金:教材費は減る一方(大人用の教材やnativeむけのワークは、幼児用に比べれば非常に安いので)。書籍費が増える。アウトプットの場としてweb lessonはよいが、格安のものでは、質の良い高い英語力の指導は望めないので、nativeのESLの資格をもったきちんとした先生がのぞましくなってくる(高額)。将来的にホームステー、サマースクールなどでもっとお金がいるかも、、、、、。

というわけで、少しずつ、お金のかけどころを変えています。幸い、娘の教材や名作絵本、DVDはほとんど買う必要がないので(上からのお下がり)、娘の教材費にかけるお金は少なくてすんでいます。といっても、すでに焼け石に水状態で、節約しているうちには入らないかもしれませんが(爆)。

また、時間がない、というのも同様です。一人っ子だったらつきっきりでいろいろと面倒を見てやることもできるのに、、、と思うこともしばしば。かけ流しにせよDVD視聴にせよ、息子と娘のレベルが違うのでバッティング(すぐに兄妹けんかに移行)しまくっています。Web lessonでは乱入につぐ乱入。一人っ子のご家庭ではありえない状態だろうと思います。みなさんいろいろ苦労されていると思いますが、我が家では、1) 息子のかけ流しは理解できる素材を短時間で切り上げる、その分娘用のDWEやSTなどの時間にあてる、2) DVD視聴は一緒に見ないことも多いので(娘が怖がりやなので)、portable DVDを購入して、別室で見せることも、3) 息子の読みをとにかく進めて、読書に手をかからなくする、そして妹に読んできかせるように勧めていく(もちろん何かのエサが必要)、4) ワークの時間などはやりたがるので娘も一緒に何かさせる(お絵かき、簡単なワークなど。兄と一緒に勉強しているのが嬉しい様子)。。。。ざっとこんな感じでやりくりしています。

息子が早くに一人で読めるようになったメリットとしては、娘の読みにつきあう時間が捻出できている、ということです。ですから、兄弟がおられる方は、上のお子さんが自力で本を読めるところまでとりあえず持っていくのが下の子に手をかけるコツかな?という気がします。あと、上の子にいろいろ教えさせるのもいいかもしれません。うちも、息子が娘にアルファベットなど教えるときは、娘もすごく喜んで集中して教わっています。他にも、いろいろ工夫されている方がおられると思いますので、兄弟姉妹をお持ちの方、是非情報交換をお願いします。


理想の英語化計画TOPへ戻る