Spring Greens
- (続)理想の英語化計画 -
「学びの段階における英語の伸ばし方」




11.幼児用教材(パル、DWEなど)を再度小学生のための観点から点検!


(1) DWE

もったいないので、使い尽くす!FWWのカードは裏に絵が書いてなくて単語だけなので、単語の読みの練習に。TACもスペリングのinventionの練習にも使えます。裏は漢字交じりの日本語なので、漢字の読みの練習にもぴったり!また、DWEのレッスンをするのなら、小学生でも十分使えます。DWEのテキストや歌の文章はよく練られていて、文法事項も網羅されているので、小学生くらいになったら、テキストの視写なんかも効果があるかもしれません。


(2) パルキッズ

英語歴の長いお子さんには、「日常会話の大量インプット」という点からもおすすめできます。とくに、フラッシュワードは復習感覚で、覚えている単語のチェックにもなるし、絵本は語彙の補強のために必ず使用。読めるようになってくれば、テキストも読ませたり、ロールプレーなどをすると良いかもしれませんね。また、歌も、良く聞くと「覚えなければならない必須事項」が盛り込んであるので、歌えるようになればベストです。逆に、小さい子供がこれらのコンセプトソングを意味もわからず歌うより、ある程度意識して歌詞を覚えながら歌うのが良いように思います。(また、小さい子供には歌いにくいです、、、、)


(3) リタラシーリンクス・ストーリーテラー

皆さんすでにされておられると思いますが、暗唱のあと、「読み」の素材として使えます(というより、これは元々読みのために作られた教材ですが)。暗唱した頃の記憶を少し頼りながらも、100-200冊を自力で読めるようになれば、本当に大きな力がついた、といえます。使ってある単語のレベルが易しくて、ORTともかなり共通しているので、リタ・STとORTの併用で、読みの能力が相乗効果にアップするかもしれません。


(4) パルキッズキンダー

必ずDVDあるいはテキストを見せることをおすすめします。とくにDVDは良いですね〜。というのも、最後にステム君という怪物みたいな妙な着ぐるみがでてきて、どっちクイズをしてくれるのですが、パルキッズと違って、こちらは正解が示されるので、本当にクイズ形式で楽しみながらフラッシュワードの語彙が定着します。

全然知らない単語ばかり、というより、むしろ、ちょっと知らない単語がある、くらいのほうが絶対にこのクイズを楽しめるので、ある程度意味づけ、語彙が獲得できた段階でのキンダーの使用がおすすめできます。復習にもぴったりです。

Keiのストーリーも季節に連動していて、学校生活にも共感が持てるので、しっかりとテキストやDVDで意味理解をさせて使いこなします。


理想の英語化計画TOPへ戻る  次へ