Spring Greens
- (続)理想の英語化計画 -
「学びの段階における英語の伸ばし方」




10.ワークブック


前回の理想の計画本編で、ワークについてはかなり詳しく述べたと思うので、今回は、少し上のグレードのものを補足しておきます。

▼Spectrum:やはりGrade2まではLittle Critterのシリーズが取り組みやすいと思います。難易度は、phonics, language art, spelling, reading, writingの順になります。Grade1ではreadingが比較的易しく感じましたが、Grade2ではかなりのvolumeになりますし、設問に対してきちんとした文章で答えねばならないので、ぐっと難しい印象です。ある程度、英文をすらすら読み、書きなれていないと毎日コンスタントにやるのは難しそう。そういう意味で、先にphonics, spellingなどの練習をしてからのほうが取り組みやすいと思います。

▼100 words kids need to read by 1st grade:これのGrade1,2を終了し、Grade3をやっています。非常にカラフルで楽しいつくりになっています。クロスワードや簡単なゲーム(すごろくのような)も載っています。重要単語の習得に重きを置いているので取り組みやすく、セクションごとに末尾に読み物が載っています。Grade1は特に他のワークに比べても簡単に思えるので、お勧めです。
100 words kids need to read シリーズ

▼Vocabulary用のワーク:2冊のワークブックについて、下の「語彙」の項目に解説しました。

▼総合ワーク:Scholastic success with 1st Grade Workbook
このワークは、まだ使用したことはないのですが、なんと416ページもあり、このお値段です。足し算、引き算、数の概念、読解力、書き方、ライティング、文法、地図などを網羅している、ということなので、算数が得意な子は取り組みやすいですし、math, social studies などの概念を英語で学ぶこともできます。1st gradeだけでなく、上のグレードまでそろっているようですので、我が家も来年あたり使ってみようと思っています。
Scholastic success シリーズ

同じような総合ワークはJumpstartからも出ています。
こちらは、Kindergarten, 1st gradeを使用したことがありますが、カラフルで楽しいつくりになっています。レベル的には、Spectrumよりも易しい印象があります。
Jumpstart Jumbo Workbook シリーズ


理想の英語化計画TOPへ戻る  次へ