Spring Greens
- Crocopig流理想の英語化計画 -


(付録2) 下の子(妹、弟)英語化計画

上の子中心に据えると、どうしても下の子は、、、、ということも有りますね。2歳児日本語ペラペラ保育園育ち(反抗期真っ最中)の下の子の英語化計画を考案してみました。

1.まず、上の子のかけ流しを聞いているので。英語のインプットはかなりはいっている(はず)。インプットに関しては心配することはなさそう。むしろ、インプットの仮の語彙の語彙化をしっかりする必要あり。

2.理解できる素材を適切にインプット素材の中に混ぜ込む。その割合を少しずつ増やす。上の子中心だと、どうしても下の子の年齢より難しい素材ばかりになりがち。少し下の子の理解できる素材もまぜてみます。実際に、パルのトシオには反応が薄い娘ですが、バースデーパーティーのシーンのあるパル2-6のみは異常に反応があり、ハッピーバースデーの歌を挟んで2分ほど、あのトシオの一日をずっとサイマルで暗唱していました。
これは、やっぱり、理解できるシーンが多かったからではないか?と思います。

3.語彙化のためには、単語はフラッシュが効果的。
TACもフラッシュにつかえます。また、上の子をまぜて、ピックアップゲームやカードリーダーとして使い倒します。(可能なら、上の子にカードを読んでもらう)
FWWはDWEと連動しているので、是非使い倒しましょう。FWWのCDは、なかなか聞く暇ないのですが、音入れの効果ありそうです。

4.英語を声に出す練習。
これは、暗唱が効率的。うちも、リタをはじめてから絵を見て英語を口に出すことが増えたような気がします。上の子の暗唱の取り組みばかりに気が向きがちですが、下の子にも時期をとらえて開始することを忘れずに、、、、。

5.マジックイングリッシュ、これがメインまでの橋渡しに結構つかえます。2歳くらいから使えます。家にあるのは、マレーシア製のVCDですが、おそらく、本屋さんで売っているDVDと内容は似たようなものでしょう。DWEメインプログラムの前半と内容的にオーバーラップもあり(あいさつ、バースデーパーティー、クッキング、ピクニック、動物などなど)、Disneyのオリジナルアニメからのシーンが多くて楽しめますが、英語は簡単なフレーズの繰り返しが多く、覚えやすいです。Repeat!などと命令されて、娘もrepeatしています。なかなか新鮮です。私のお気に入りはCookingというタイトルで、中に、グーフィーがケーキ作りを3回も失敗するシーン(あのSAのFlour, sugar, milk,,,,の歌のオリジナルシーン)などは、抱腹絶倒です。まだ、メインのヒ゛テ゛オを最後まで見せていませんが、これをメインへの橋渡しにすることができそうです。

6.2歳児の生活に密着した共感のもてる素材、興味の有る素材を混ぜ込む。映像付であればベストです。わが家ではZAMやEDWZがそれに相当しました。

7.お楽しみ絵本。なかなか下の子まで時間がとれませんが、好きな本は確かに暗唱につながりやすいです。上の子だけでなく、下の子の好みの本を把握して、ときどき一人だけ膝にのせて読んでやります。(保育園に行っていなければこういう時間はとりやすいのですが、、、)

8.これは「自分用」というものを専用に与える。我が家ではリタやFWWのカードがこれに相当します。だから、リタの本を読むときは、やる気満々です。リープパッドもMy first…を下の子ように、などと使い分けるといいですね。(わが家では上の子はCD-ROMです)

理想の英語化計画TOPへ戻る