Spring Greens
- Crocopig流理想の英語化計画 -


(7)以後の読書、ワークブック計画

[目標] 4技能のスキルを磨く、そして、英語の勉強を続ける動機付けを大切に。

本格的にお勉強としての英語がはじまります。英語の音環境(意味理解ができるもの)をとぎらせないようにしつつも、writing, readingなどを含めた総合的英語力を養います。また、ある程度英語の力のついたお子さんだと、Grade1, 2向け以上の教材(Language Artなど)で、簡単な文法を学ぶのも英語の整理に役に立つはずです。
というより、この時期は、reading, writingを中心にすえないと維持が難しくなる年頃でもあります。子供の興味にあった動機付けも忘れずに。
さらに、このまま英語力がアップしていくようだと、最終的にはnativeの力を借りる必要があります(個人レッスン、帰国子女コース、インターのアフタークラスなど)。

●進むべきワークブックの難易度:易から難へ
お勧めワークブック一覧(上から順に簡単→難しい)
Big Preschool Workbook (School zone) Big Preschool Workbook
Jumpstart Jumbo Workbook PreK (Cartwheel Books) Jumbo Jumpstart Workbook: Pre-K (Jumpstart)
Spectrum PreK, Kinder Spectrum Beginning Math: Grade Pre-K (Little Critter)
Big Kindergarten workbook (School zone) Big Kindergarten Workbook
Oxford University PressのActivity book for children Oxford Activity Book for Children
Jumpstart Jumbo Kinder Cartwheel Books, ボリュームはあるが、簡単で絵が多い
Jumpstart Kindergarten Jumbo Workbook (Jumpstart)
Jumpstart Jumbo Grade 1 同じく簡単な算数とか、時計があるので、英語だけより取り組みやすい
Jumpstart Jumbo Workbook: 1st Grade (Jumpstart)
Big first grade workbook (School zone) Big First Grade Workbook
100 words Children need to know by 1st grade 絵がカラフルで取り組みやすい。主に語彙の補強とスペリングにお役立ち。途中にある本を読むのは少し難しい場合は、これを飛ばせばOK
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)
Spectrum Phonics grade1 低学年のSpectrumはLittle Critterシリーズが楽しくておすすめ
Phonicsは書くところも少なくて、取り組みやすいと思う
Spectrum Phonics: Grade 1 (McGraw-Hill Learning Materials Spectrum)
Spectrum Language art grade 1 個人的には、文法の整理になるし、ためになったと思う
Language Arts: Grade 1 (McGraw-Hill Spectrum Workbooks: Mercer Mayer)
Spectrum Spelling grade 1 Sprectum Spelling: Grade 1 (McGraw-Hill Spectrum Workbooks: Mercer Mayer)
Spectrum Reading grade 1 最初は簡単だが、最後は1ページ全部読む必要あり。続きの物語になっていて、楽しく取り組める
Spectrum Reading: Grade 1 (Spectrum (McGraw-Hill))
Spectrum Writing grade 1 最後の方は結構書くところが多いし、正解も書いてないので親も大変。簡単なPoemまで出てくる。
Spectrum Writing: Grade 1 (McGraw-Hill Spectrum Workbooks: Mercer Mayer)
100 words Children need to know by 2nd grade これは基本的には単語が中心のワーク。書くところは少ないので、Spectrum Writing Grade1より取り組みやすい。スペリングの練習になります。過去形、複数形、所有格などの文法事項は2年生レベルのものがでてきます
100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade (100 Words Workbook)
Spectrum Phonics grade2 2文字、3文字のフォニックスが出てきます
Spectrum Phonics: Grade 2 (McGraw-Hill Learning Materials Spectrum)
Spectrum Reading grade2 左のページは数十行の長めの本文、右に質問。Grade1よりは難易度はかなりアップです
Spectrum Reading: Grade 2 (Spectrum (McGraw-Hill))

….以後続く。
また、Spectrumから新しくでたSpectrum Vocabulary (Grade3以上)は外国人の英語学習者にお役立ちだと聞きます。
 → Spectrum Vocabulary: Grade 3 (Spectrum (McGraw-Hill)) 

●多読&精読の素材
以後、自分で読めるようになればどんどん多読をすすめます。自分で読ませることが、まだ子どもにとってストレスだと感じれば、読みきかせすることを忘れずに。
教材系であれば、ORTや同レベルのreading絵本(LadybirdのRead it yourselfシリーズなど)終了後はORT RobinsORT FirefliesOxford Wolf Hill storiesへ進む。ORT RobinsORTと同じ登場人物も出てくるので読みやすいです。
Native向けの一般的な読み物としては、Cliffordシリーズ(定番)、Froggyクンシリーズ(楽しい)、Step into reading stage1-3あたり、Rookie Read-about (Read-about science, Read-about healthなど) シリーズ(non fiction)、Frog and toad シリーズ(ほのぼの系)、Curious Georgeシリーズ(ユーモア系)、Nate the great シリーズ(推理系)、Amelia Bedelia シリーズ(慣用句の勉強になります)、Fireflies シリーズ(ノンフィクション;特に上の方のステージ)、Magic school busシリーズ(サイエンス系)、Magic tree houseシリーズ(冒険もの)、A to Z mysteries(推理もの)(以上ほぼ難易度順)。このあたりまで読みこなせれば本物の力がついたと言えるでしょう。物語系のみならず、non fiction系も適宜混ぜて語彙を豊かにします。
 → Read it yourself  → Froggyくん  → Rookie Read-about  → Curious George  → Magic school bus

●リスニングに関してはパルキッズキンダーで繰り返し素材を耳に入れるのみならず、多聴をこころがけた素材選びをします。Dr.Seussの絵本CD(英語のリズムに親しむ上でも役立つ)、Frog and toadのCD(ナレーションが心地よい)、Magic school busのヒ゛テ゛オ、Magic tree houseのCD, ORTの高いステージのCDなど、良質な英語をたっぷりと耳にいれます。

●英語歴も長くなり、年齢的にも普通のDisney 映画などを楽しむことができるようになれば、お楽しみとして積極的に見せます。
(備考) 息子のお気に入りは、Disneyのクラシック映画(Goofy, Mickey mouseもの)、Sleeping beauty, Dumboなどの名作物、Toy Story, Shrekです。特にShrekは50回は最低見ていると思います。子供の好きなものを見つけるのも動機付けとして大切だと思います。(それが名作系やクラシック、教育的な良質なものならなおいいのですが、、、、、。)

●ひきつづきCD-ROMなどをお楽しみに与えます。Reader RabbitJumpstartなどの定評のあるもの。

理想の英語化計画TOPへ戻る  次へ